情報

レジ袋有料化はなぜ!なにがどう変わるの?メリットとデメリットは?

レジ袋有料化はなぜ!なにがどう変わるの?メリットとデメリットは?

レジ袋の有料化についてまとめていきます。

環境省は小売店などが買い物の際に消費者に渡しているレジ袋の有料化を義務付ける方針を固めたそうです。
消費者はレジ袋1枚当たり数円払うことになりそうです。なぜ義務化をしようとしているのでしょうか。

あなたは知ってますか?
じつはレジ袋の素材はポリエチレンという石油からできているこを?
日本で消費しているレジ袋は年間およそ300億枚以上という気の遠くなる数字です。
およそ年間に1人当たり300枚くらい使っている計算になるといわれています。

レジ袋有料化はなぜ!なにがどう変わるの?メリットとデメリットについてリサーチしました。

スポンサーリンク

レジ袋有料化はなぜ!

レジ袋有料化って・・・

どうなんでしょう?CO2排出をなくすためとうたっていますが、
ならなぜ5円程度で販売するんでしょうか。

という疑問?がわいてきます。
結局レジ袋無料で配布していると店が赤字になるからじゃないんでしょうか?

お店の名入れにしたら仕入れ値も高いでしょうから・・・
消費者のことを思うのなら5円でも売ったら駄目なんじゃないですかね。

スポンサードリンク

なにがどう変わるの?

レジ袋有料化はなぜ!なにがどう変わるの?メリットとデメリットは?

レジ袋が有料化になっても何も変わらないとお思います。

消費者のほとんどがレジ袋の数円程度の支払いがどうとかではないと思います。

極論からいえば、

レジ袋が有料になっても買い物に行く人はいくし、

マイバックがある人はマイバック持参で買い物に行くんじゃないでかね。

お店側の店員さんの負担が増えるのは間違いないでしょうね。

スポンサーリンク

レジでいちいち袋を付けるかどうか聞くだけで店員さんの負担になりますからね。

スーパーでも現状無料で付けている所では、
トラブルが起こる可能性はあり得るでしょう。
スーパーではある程度エコバック持参の人(その代わりに割引やポイントが付くなど特典がある)

スポンサードリンク

レジ袋を有料化するメリットとデメリットは?

レジ袋を有料化するメリット

●消費者のエコ意識の向上
●マイバッグ市場の拡大
●レジ袋焼却時のCO2の抑制に繋がる
●石油消費量の削減に繋がる
●土壌汚染や海洋汚染の抑制に繋がる

レジ袋を有料化するデメリット

●まとめ買いする人の増加
●マイバッグやレジ袋購入の消費者への負担
●万引き増加の恐れと対策の負担
●本当に環境保全に繋がるかどうかが分からない
●レジ袋製造業界にとっては向かい風となる
スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

レジ袋有料化はなぜ!なにがどう変わるの?メリットとデメリットは?まとめ

いかがでしたか?

レジ袋有料化についてまとめてきましたが、

個人的には、

マイバッグ持参で割引できるなら、
レジ袋の有料化は賛成です。

マイバッグ持参で割引ができないなら、
レジ袋の有料化は反対です。

スポンサーリンク