赤ちゃんの発熱

赤ちゃんに熱が出たかどうかは37.5℃を目安にこんなケアはNG!

赤ちゃん発熱37.5℃
赤ちゃん発熱37.5℃

元気に育っていた赤ちゃんが急に熱を出したり、吐いたりするととても心配ですね、

とくに初めての赤ちゃんを育てているママは、緊張してどうしていいかわからないでしょう。

そんなときに赤ちゃんによくみられる病気の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

熱が出たかどうかは37.5℃を目安に

子どもの体温には個人差がありますが、「熱が出た」かどうかの基準は37.5℃です。

「熱を測ったら37.5℃以上あった」という場合は注意が必要です。

ただ、熱があっても元気で食欲があるときは、それほど心配はないことも多いです。

高熱が続いてぐったりしている、下痢や嘔吐がひどい、意識がもうろうとしているなどというときは、すぐに病院へ。

ホームケアのポイント

部屋の温度に気を配り服はいつもと同じか1枚少なく

発熱している子どもが快適に過ごせるよう、部屋の温度は暑すぎず、寒すぎずが基本。

夏や冬は冷暖房器具を利用し、温度調節に気を配りましょう。

服は「ふだんと同じか1枚少なめに」が基本。

厚着させたり、布団をたくさんかけたりすると熱がこもり、苦しむことになるので注意しましょう。

スポンサーリンク

ただし、熱の出始めでは、手足が冷たくなってブルブルふるえることも。

寒がってふるえるようなら、熱があがりきるまで体をあたためてもよいでしょう。

冷却シートなどは気持ちがよいなら使いましょう

熱が高いときはおふろは控えます。汗をかいていたら濡れタオルで体を拭いてあげましょう。

体についた水分が蒸発するときに体温を奪うので、多少の解熱効果も期待できます。

また、市販の冷却シートや冷たいタオル、水枕などで、首のつけ根やわきの下、もものつけ根を冷やしてあげるのもよいでしょう。

ただし、子どもがいやがる場合は無理にしないこと。38.5℃以上の高熱が続き、

元気がなく苦しそう、ぐったりしているときは、医師と相談の上解熱剤を使ってもよいでしょう。

無理に食事させなくてもOK水分補給は念入りに

食欲がないときは、無理に食べさせる必要はありません。ただし、水分補給には気を配ってください。

母乳はそのままあげてもOKですが、粉ミルクは高熱のときは少しうすめてあげたほうがよいでしょう。

そのほか、乳児用イオン飲料、お茶、りんごジュースなどをこまめに与え、脱水症になるのを防ぎましょう。

こんなケアはNG

・何枚も厚着させて汗をかかせて熱を下げる、というのは迷信。熱がこもって、かえって逆効果。

・熱が下がらないと、自己判断で、解熱剤を何度も使ってはダメ!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。