年中行事

お中元やお歳暮贈る時期はいつ?両方贈らないとダメ?やめたいんですけど!

こにちは。

なんとかなるです!

ところであなたは、お中元やお歳暮贈ってますか?

贈る時期や、誰に贈るのかなど曖昧ですよね。

お中元やお歳暮は、

お世話になっている感謝の気持を

贈り物にするものだと言われています。

わかっちゃいるけどというあなたへ、

今回はお中元やお歳暮について調べました。

スポンサーリンク

贈る時期をはずした場合どうするの?

「暑中見舞い」「寒中見舞い」など上書きを変えれば大丈夫!

一般的にお中元は7月上旬~15日頃まで、お歳暮は12月10日~20日頃までに届くように贈りましょう。

もしタイミングをはずしてしまったら、上書きを変えれば大丈夫。

お中元は7月15日を過ぎたら「暑中お見舞い」に、8月8日頃から下旬にかけては「残暑お見舞い」に。

お歳暮の場合は年が明けたら「お年賀」に、1月8日から立春の2月4日頃までは、「寒中お見舞い」として贈ります。

お中元とお歳暮両方贈らなければダメ?

どちらかにしたいならお中元をやめてお歳暮のみにします!

お中元やお歳暮には、一度贈り始めたら毎年贈る。

お中元を贈ったらお歳暮も贈る。

という決まり事があります。「そうしたいんですが、両方贈り続けるのは苦しい」ということであれば、

スポンサーリンク

お歳暮だけを贈り続ける。またはお世話になったときに”御礼”として贈るようにしましょう。

お中元・お歳暮を贈るのをやめたいけどいきなりやめたら失礼?

経済的に厳しい状況なら品物の金額を下げて贈っても大丈夫!

お中元、お歳暮は贈り始めたらやめないのがマナーです。

よく考えてから贈り始めたいですね。

ただし、取引先の業者や上司など、決まりきった関係であれば、その関係が解消されれば贈るのをやめてもかまいません。

できればやめたくないが、仲人さんなど生涯を通じてお世話になる方。

経済的に厳しいという場合は品物の金額を下げたり、2回のところを1回にしたりしてはどうでしょうか?

いただいたらお返しはするべき?

本来お返しの必要はありませんが礼状は必ずだしましょう!

お中元やお歳暮は目下から目上の方に贈るものなので、頂いてもお返しをする必要はありません。

ただし、お礼状は欠かさずに出しましょう。

「本日、お中元の品が届きました。いつも変わらずお心づかいいただき、ありがとうございます。」

などの感謝の言葉とともに「メロンが好きな子どもたちも大喜びです」など、

品物に対する感想も添えると良いでしょう。

まとめ

礼節を重んじる

お中元やお歳暮は日本人特有の文化でしょうね。

スポンサーリンク