美容

美肌になれる睡眠のゴールデンタイムは?入眠後3~4時間!



あなたは、美肌になるための努力してますか?

もちろん毎日してますという方がほとんどでしょう。

一番大事なのは睡眠です。

今回は美肌と睡眠について調べました。

スポンサーリンク

入眠後3時間がゴールデンタイム?

いろいろ調べた結果成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後3〜4時間であり、

一人ひとりの肌質も違いますから。

特定の時間帯に限定されてはいないという説が有力になってきています。

これまで22時〜2時と言われていたのは、昔の日本人は22時、

23時頃に寝る生活スタイルをとっている人が多かったためです。

実際、入眠から3〜4時間の間、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されることが分かっており、

もっとも重要なのは寝付いてから3〜4時間にしっかり熟睡すること、

スポンサーリンク

つまり、質の良い睡眠をとることだと考えられるようになりました。

質の良い睡眠とは湯舟にゆっくりつかる(ぬるめのお湯38度~41度)

理想は入眠する2~3時間前に入浴するとわりと安眠できますね。

人間は体温が下がりつつある状態で眠気を感じるので、

入浴からしばらく時間が経過したタイミングで入眠しやすくなるのです。

瞑想するともっと良い。

“肌のゴールデンタイム”をもたらすには!

やはり早寝早起きをして規則正しい生活をしているいるほうが美容、健康に良いのは間違いありませんから、

有力な学説を総合的に捉えると“入眠から3〜4時間が肌のゴールデンタイムです。

可能なら22時、23時くらいに寝られるとベスト”です。

まとめ

肌の新陳代謝現象が活発になるゴールデンタイムは入眠から3〜4時間という説が一般的になっていますが、

可能なら日付が変わる前に眠りについたほうが肌にとっては良いことに変わりはありません。

ただ、どちらかといえば入眠直後の時間帯に熟睡することのほうが成長ホルモンの分泌量に影響するようです。

正直入眠直後熟睡できるのも個人差があります。

そのため、ベッドに入る3時間ほど前に入浴するなどして“体温が低下してきた時に眠くなる”ことを活かすのがおすすめです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。