洗濯機

洗濯機の洗濯槽も月イチのクリーニングを!やっかいな黒カビ発生を防ぐには?

洗濯槽
洗濯槽

洗濯機はスイッチひとつで、大量の洗濯物も干すばかりの状態にしてくれるすぐれものです。
ただし弱点もあります。特にせっけん洗濯の大敵、その名もピロピロワカメと呼ばれる黒カビが発生しやすい構造なのです。

これは、洗濯槽のドラムと外槽との隙間に入ったせっけんカスなどをエサに発生する黒カビ。
水中に出てきて洗濯する物にくっつく厄介者に苦労した経験が、せっけん洗濯派ならかならずやあるはずです。

ピロピロワカメは合成洗剤の場合でも発生します。洗濯を気分よく成功させる第一歩は、厄介者退治の洗濯槽のクリーニングから!

スポンサーリンク

洗濯槽も月イチのクリーニングを

まず洗濯槽いっぱいに水またはお湯(風呂の残り湯がよい)をはります。酸素系漂白剤2カップ(500g)か酢2.5カップ(500ml)、
粒状せっけん20gを入れ、洗濯機を10分間回します。そのまま1晩おいて、翌日もう一度、10分間回しましょう。

スポンサーリンク

このときにピロピロワカメが出てくるので、くず取りネットを使ってキャッチします。そして排水すればおそうじ完了。
「月イチ」が原則です。ただし、長い間しなかった後のクリーニング後の洗濯のさいにどっとでることがあり要注意です。

それを防ぐには、クリーニング後の”すすぎ”を何度か行って出し切っておくことをおすすめします。

洗濯槽の黒カビ発生をふせぐには?

何ごとも予防は最強の攻撃。ピロピロワカメを極力、発生させないようにするには、ふだんの洗濯時に少しの策を。
最善の策は40~50℃のお湯で洗うことですが、家庭ではなかなかむずかしい。湯上り後の残り湯をすぐ使うのがおすすめです。

衣類から出るくずやほこり、溶け残りのせっけんを洗濯槽に残さないよう、くず取りネット2つ使用をおすすめします。
市販されている浮かすタイプ、吸着させるタイプ両方装着してできるだけの策を取りましょう。

そのほかにもちょっとした工夫を

①洗濯後にはフタを開粒で乾かしておく

②せっけんを入れてよく泡立ててから洗濯物を入れる。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。