掃除

あると便利な掃除道具と基本テクニック!吸い取る・拭く・こする・掃く

住まいの構造や材質、生活様式の変化などによって、汚れの質や掃除の仕方も変わってきています。

道具は適材適所で選び、場所に合わせて、吸い取る、こする、拭く、磨くなどの手法をうまく使い分けると掃除の手間も労力も半減します。

まずは、基本となる道具と使い方を知って、楽に掃除を済ませましょう。

スポンサーリンク

吸い取る

掃除機・アタッチメント

掃除機:住まいの掃除の必須アイテム。使う場所に合わせてヘッドを付け替えて、掃除を効率よく。

アタッチメント:すき間ノズル、ブラシノズルのほか、ふとん専用のノズルもダニ対策に欲しいアイテム。

スポンサーリンク

拭く

バケツ・ぞうきん・ボロ布・多機能モップ・科学ぞうきん・ハンディモップ

バケツ:大小2個あると便利

ぞうきん・ボロ布:縫ってなくてもOK。使い古しのタオルやTシャツも手ごろな大きさに切って、拭き掃除に。

多機能モップ:から拭き、水拭き、化学モップと、床面に合わせて使い分けできるモップがベスト

科学ぞうきん・ハンディモップ:ホコリをさっと吸着。家具や家電製品の普段の手入れに。

掃く

ほうき・ちりとり

ほうき・ちりとり:玄関やベランダなどの掃き掃除用に、一式は必要。

こする・磨く

ブラシ・スポンジ

ブラシ:こびりついた汚れにはブラシがいちばん。柄の長さ、ブラシの硬さは場所に合わせて選びます。
古歯ブラシもあらゆる場所で重宝する掃除グッズ

スポンジ:キッチン、浴室など使う場所に適した硬さ、材質のものをそれぞれ用意して。洗剤不要の新素材クリーナーも便利。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。