地方予選

第100回全国高校野球:石川大会夏の甲子園49校激突代表校を予想!

夏の高校野球大会 地方予選2018!北陸地区石川県の代表校大胆予想!
夏の高校野球大会 地方予選2018!北陸地区石川県の代表校大胆予想!

どうも、なんとかなるです!」

お越しいただきありがとうございます!

1915年に始まった甲子園大会も、
今夏で100回目を迎えます。

今回の記事では、
甲子園出場を目指して全国で地方大会が行われています。

今日は石川県の代表校はどこになるのかを
僕の独断と偏見で大胆予想をまとめました

*Ⅴ本命!
星稜

ここが対抗
日本航空石川、金沢

注目チーム
金沢学院、小松、飯田

スポンサーリンク

第100回全国高校野球

史上最多の56代表校が出場する第100回全国高等学校野球選手権記念大会が、

8月5日(日)から~21日(火)までの17日間(雨天順延)阪神甲子園球場で開催されます。

今年も北は北海道から南は沖縄までの56地区で甲子園出場をかけた熱い戦いが繰り広げられます。

はたして注目の記念大会にどの高校が代表になるのかを僕が独断と偏見で大胆予想します!

石川大会夏の甲子園49校激突代表校を予想!

センバツ8強の2校が中心!

夏の高校野球大会 地方予選2018!北陸地区石川県の代表校大胆予想!

ともに今春のセンバツでベスト8に進出した星稜と日本航空石川の2強が頭一つ抜けている印象です。

星稜は竹谷理央(3年)、奥川恭伸(2年)の2人の主戦投手に安定感がある。

特に奥川はセンバツを経験したことで大きく成長し、春の県大会では決勝で日本航空石川を完封するなど安定感が増しました。

この2人に加えて中学時代から大器と評判の寺西成騎(1年)が加わり、投手陣の層はさらに厚くなった。

寺西は春の北信越大会の初戦でいきなり先発を任せられて5回無失点と見事なピッチングを見せている。

投手陣をリードする強肩捕手の山瀬慎之助(2年)、入学早々3番・ショートを任せられている内山壮真(1年)など下級生の好素材が多く、

スポンサーリンク

来年以降も楽しみなチームです。

日本航空石川も投手陣の層が厚い。

センバツではベンチ外だった上田俊輔(3年)が春の北信越大会では快投を見せ、エース格の重吉翼(2年)、杉本壮志(3年)も安定感がある。

ここに145キロ右腕の大橋修人(3年)の調子が戻ってくれば、星稜にも負けない布陣となります。

打線も上田優弥、小坂愼之助(いずれも3年)の巨漢打者2人を中心に破壊力がある。

センバツ以降調子を落としている原田竜聖(3年)の復活にも期待できます。

金沢・金沢学院の安定勢力が続く!

夏の高校野球大会 地方予選2018!北陸地区石川県の代表校大胆予想!

この2強に続く存在としては秋春ともに上位に進出している金沢と金沢学院があげられる。

金沢は技巧派サウスポーの大筆一輝(3年)に安定感があるのが強みです。

120キロ程度のスピードでも抑えられる投球は見事です。

金沢学院も突出した選手はいないもののチーム力は高い。

星稜と1点差の接戦を演じた飯田、秋にベスト4に進出した小松なども面白い存在です。

他にも、たくさんのおもしろい記事がありますから読んでみてください!

夏の高校野球大会 地方予選2018!九州地区福岡県の代表校大胆予想!

夏の高校野球 プロ注目の強打者!折尾愛真・松井義弥のここが凄い!

甲子園出場校2018夏!北は北海道から南は沖縄56地区大会を大胆予想!

夏の高校野球大会 地方予選2018!北陸地区石川県の代表校大胆予想!まとめ

いかがでした。

今年は夏の甲子園が始まってから100回目の記念大会です。

戦争で一時中断はありましたが、
大地震や大きな水害などの試練に直面しても日本中で球音は鳴り響き、

高校野球はそこにあり続け、愛されてきました。
夏は球児たちが主役になる季節です。

100回目のの夏宣言が、今年も全国にとどろきます!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。