情報

汗かき対策!水分補給・首筋を冷やす・冷房とうまく付き合うには?

いまからの季節、汗かきさんにはつらいですよね。

しかし、ちょっとしたことで汗が少なくなり、そして汗で悩まないように

なれます。汗かきさんにはお得な情報をご紹介します。

スポンサーリンク

汗かきには水分補給!

わたしを含めて、汗をかきたくないため、水分を控える方がいますが、これはNG。

もちろん水分を取ったほうが汗は、出やすくなります。

人間にとって体温を上げないことが優先されるため、

いくら水分控えても体温が上がれば必要なだけの汗はかきます。

そのような状態で汗をかくと、少ない体液から水分が失われるため脱水状態になり、

熱中症などの危険もでてきます。暑いときに汗をかいたら、

必ず必要なだけの水分補給をしてください。

大量の水を飲んでも、必要以上の水分は尿として排出されますから、

汗として出るわけではありません。

水の飲み方ですが、真夏の暑い日に冷たい水を急に飲むと一時的には汗が引きます。

しかし、汗が止まった結果、熱がこもり、かえって多くの汗が出てきます。

逆に熱いものを飲むと、一時的には汗は増えますが、その汗が体温を下げてくれるので、

その後は涼しく感じて汗が減ることもあります。

首筋を冷やす!

体の一部を冷やすことで体温が低下し、汗が減少することがあります。

スポンサーリンク

特に首筋を濡れタオルや保冷剤で冷やすと、冷やされた血液が全身を回り体温を低下させ、

汗が減少します。

首筋は脳へ行く頸動脈が通っているため、ここを冷やすと脳温を低下させ、

迅速に汗を減少させます。また、脳温が低くなるため、涼しい感覚も得られます。

そのほかに冷やすと効果的な部位としては、脇の下、股の間、手首があげられます。

このような局所冷却法は、熱中症のときの応急処置としても応用できます。

冷房とうまく付き合うには?

冷房のきいた部屋から急に出て暑い外気に皮膚がさらされるとしばらく汗は出ず、

その後急にダラダラの汗をかきませんか?それは、皮膚の温度センサーが過剰に反応して、

すばやく大量の汗をかくように伝達するからです。

皮膚にある温度センサーと体の深部にある温度センサーが協力して、

脳の視床下部にある体温調節中枢に温度調節を伝達して汗をかかせます。

皮膚のセンサーは主に外気温が急激に変化したときに、体の深部のセンサーは体温が変化したときに反応します。

さらに、冷房の効いた部屋と暑い戸外との出入りを繰り返すと、もっと多くの汗をかきます。

暑い戸外からいきなり冷房の部屋に入ると急激に皮膚温度が下がって汗が止まり、

それ以上体温は下がらなくなります。

皮膚感覚では涼しくなっても深部の体温は高い状態で、そのまま暑い戸外に出ると、

急激な皮膚温の上昇と高い深部温とが相乗され、さらに大量の汗をかくことになるのです。

したがって、冷房の部屋と暑い戸外への急な出入りは控えましょう。

玄関先や踊り場のような中間の温度の場所に数分とどまり、汗腺を暑さや寒さに慣らしてからがいいでしょう。

まとめ

わたしのおすすめの制汗方法は水分(スポーツ飲料)をこまめに補給して、

濡れタオルや保冷剤などで首筋を冷やし、冷房の設定温度は28度に保つ。

個人差はありますが、いろいろ試してください。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。