地方予選

夏の高校野球大会 地方予選2018!九州地区福岡県の代表校大胆予想!

夏の高校野球大会 地方予選2018!九州地区福岡県の代表校大胆予想!

 

夏の全国高校野球 地方大会2018!全56地区予選北神奈川を大胆予想!「どうも、なんとかなるです!」

お越しいただきありがとうございます!

1915年に始まった甲子園大会も、
今夏で100回目を迎えます。

今回の記事では、
甲子園出場を目指して全国で地方大会が行われています。

今日は福岡県の代表校を大胆予想します。

夏の高校野球大会 地方予選2018!

夏の高校野球大会 地方予選2018!九州地区福岡県の代表校大胆予想!

史上最多の56代表校が出場する第100回全国高等学校野球選手権記念大会が、

8月5日(日)から~21日(火)までの17日間(雨天順延)阪神甲子園球場で開催されます。

今年も北は北海道から南は沖縄までの56地区で甲子園出場をかけた熱い戦いが繰り広げられます。

はたして注目の記念大会にどの学校が出場するのか、僕が独断と偏見で大胆予想します!

九州地区福岡県の代表校大胆予想!

*北福岡

九国打線が九州大会Ⅴの力を見せる!

夏の高校野球大会 地方予選2018!九州地区福岡県の代表校大胆予想!

福岡で開催された今春の九州大会では、地元出場枠4をすべて北部のチームが占めた。

ここ10年の福岡を引っ張ってきた北部勢の力を改めて見せつけた結果となった。

九州国際大付属は春の九州大会で2度目の優勝を果たした。

1番・中村貴浩、3番甲斐生海、4番・戸高誠也、(いずれも3年)ら強打者を並べた打線は特に強力で、

九州大会決勝では13得点をあげて明豊(大分)に圧勝。投手陣は140キロ超のストレートを誇る下村海翔(2年)と、

スポンサーリンク

120キロ台のストレートで明豊を完封した山本由希也(3年)。タイプの違う両右腕の成長も大きい。

3季連続の甲子園出場を目指す東筑は右サイドスローの絶対的エース・石田旭昇(3年)に注目が集まる。

打たせて取る変化球だけでなく、ここへ来てストレートにも威力が出てきた。

130キロ台後半のストレートを持つ2番手右腕・林大毅(3年)の躍進も石田の助けになるだろう。

九州大会の明豊戦で17安打を放つなど、打線も状態を上げてきている。

古豪復活にかける小倉の剛腕・河浦!

最速147キロの河浦圭佑(3年)を擁する小倉が春の福岡を制した。

同じ北部の公立で、長年定期戦を続けている東筑が春夏と甲子園に出場していることも大きな刺激になっている。

河浦が君臨しているだけに、打線に強さが加われば40年ぶりの甲子園も見えてくるはず。

春準優勝の八幡は右サイドスローの岸本泰青(3年)が柱。

東筑紫学園は130キロ台中盤の快速球が売りの左腕・小堤隆成(3年)が試合を作る。

北筑は左の好投手・鬼塚柊(3年)で、折尾愛真はプロ注目の強打者・松井義弥(3年)で勝負をかける。

自由ケ丘は厚みのある投手層と主将の宇都宮夏生(3年)が引っ張る打線の歯車がかみ合うか。

攻撃力の高い真颯館、経験豊富な東海大福岡や飯塚、安定感のある希望ヶ丘も投手力の整備が間に合えば、

上位で大会を盛り上げてくれるでしょう。

勝利の女神はどの高校に微笑むのか?

他にも、たくさんのおすすめの記事がありますから読んでみてください!

上条百里奈(介護士モデル)職場は何処!歌って踊れるアイドルって本当?

夏の全国高校野球 地方大会2018!全56地区予選北神奈川を大胆予想!

田澤純一 の現在の年収は?同期の選手は?日本球界でプレーするの?

夏の高校野球大会 地方予選2018!九州地区福岡県の代表校大胆予想!まとめ

いかがでした。

今年は夏の甲子園が始まってから100回目の記念大会です。

戦争で一時中断はありましたが、
大地震や大きな水害などの試練に直面しても日本中で球音は鳴り響き、

高校野球はそこにあり続け、愛されてきました。
夏は球児たちが主役になる季節です。

100回目のの夏宣言が、今年も全国にとどろきます!

スポンサーリンク