高校野球

選抜高校野球2019出場校32横浜高校!投手力・打撃力・総合力分析!

選抜高校野球2019出場校32横浜高校!投手力・打撃力・総合力分析!

どうも、なんとかなるです!

2019年3月23日(土)から12日間、甲子園球場で開催される第91回選抜高校野球。
(準々決勝翌日の休養日を含む)

2019年の選抜は例年通り32校が選ばれました。(21世紀枠3校含む)

決勝戦は4月3日の予定です。

今回は153キロ左腕・及川雅貴投手中心に関東6校目から4度目Vを目指す横浜高校の投手力、打撃力、総合力を独断と偏見で分析しました。

スポンサーリンク

選抜高校野球2019出場校32横浜高校!

横浜高・校野球部沿革

横浜高校の野球部は45年に創部。

63年夏に甲子園初出場を果たして4強に進出。

68年からは、のちに甲子園51勝挙げる渡辺元智監督が指揮。

選抜には73年に初出場し、エース・永川英植(元ヤクルト)を擁して初優勝を果たしています。

夏の選手権は80年にエース・愛甲猛(元ロッテほか)を擁して初制覇。

94年には小倉清一郎部長が就任し、渡辺監督との二人三脚で松坂大輔(中日)を擁して98年春夏連覇など数々の偉業を達成しました。

これまでに春は15回、夏は18回出場の甲子園で優勝は春3回、夏2回制覇。

ドラフト指名を受けた選手も多数おり、松坂大輔や筒香嘉智(DeNAベイスターズ)ら現役組も多数います。

スポンサードリンク

横浜高校の投手力・打撃力・総合力分析!

投手力!

 

左腕にして最速153キロを投げる及川雅貴投手が絶対的エースです。

昨秋の関東大会準々決勝は、春日部共栄(埼玉)に直球を狙い打たれてコールド負けを喫したが、

1試合(9回)あたりの奪三振率は12.85と2ケタを超える。

直球の威力は世代トップクラスで、キレ味鋭いスライダーをさらに磨けば、甲子園でも星稜・及川恭伸投手らと並び称される。

「四天王」にふさわしい投球ができるでしょう。

2、3番手も成長著しい。安定感のある2年生右腕・木下幹也投手は制球力抜群で、伸びのある直球が武器です。

2年生左腕の松本隆之介投手は昨夏からメンバー入りするなど高い潜在能力を秘める。

変則タイプの右腕・黒須大誠投手は、ピンチにも動じないタフさがウリです。

スポンサーリンク

攻撃力!

選抜高校野球2019出場校32横浜高校!投手力・打撃力・総合力分析!

昨夏は神奈川大会3連覇を達成し、甲子園は3回戦まで進出しました。

その分だけ始動が遅れた新チームは、新2年生5人がスタメンに並ぶ若い顔ぶれで秋に臨んだ。

そして経験豊富な新3年生に新2年生が必死に食らいつく形で、県大会優勝、関東大会8強まで進出しました。

1年生からメンバー入りしている一番・小泉龍之介選手や六番津田啓史選手はクリーンアップにも負けない打力が魅力です。

バットコントロールが巧で元プロ野球選手を父に持つ三番度会隆輝選手、昨夏の甲子園でアーチをかけた四番・内海貴斗選手、

勝負強い五番・冨田進悟選手と強力な布陣です。名門らしく実力派がそろい、伸びしろも十分です。

一冬を超えて大化けする可能性も秘めています。

総合力!

選抜高校野球2019出場校32横浜高校!投手力・打撃力・総合力分析!

センバツ出場の決め手となったエース・及川雅貴投手に注目が集まる一方で、

昨秋の公式戦8戦で5失策と伝統の堅守が光る。また、計61点をたたき出した打線も投手陣を十分に援護できます。

県大会決勝戦(対慶応義塾)では、小泉龍之介選手の逆転サヨナラホームランで試合を決めるなど粘り強さもあり、

総合力では優勝候補に挙がっても遜色のないチームです。

ただし、関東大会の準々決勝で及川雅貴投手が直球を狙い打たれてコールド負けと、

エース頼みの危うさは否めない。相手校は及川雅貴投手攻略に全力を挙げてくることが予想されるだけに、

エースそれを上回る投球術や成長が求められます。二番手以降の台頭もポイントとなるかもしれません。

スポンサードリンク

選抜高校野球2019出場校32横浜高校!投手力・打撃力・総合力分析!まとめ

いかがでしたか?

関東、東京の6枠目として選出された横浜高校ですが、

総合力では優勝候補の一角です。

及川雅貴投手が最高の投球ができて打線が援護すれば頂点までいけるでしょう。

以上で、選抜高校野球2019出場校32横浜高校!
投手力・打撃力・総合力分析!まとめを
終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク