甲子園

星稜高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の経歴!

星稜高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の経歴!

石川県の強豪校である星稜高校は甲子園で「箕島高校との延長18回」や「松井の5打席連続敬遠」など、

数々の記憶に残る名勝負を繰り広げてきました。

以外なことに、星稜高校は甲子園で優勝したことがありません。

それはさておき、2019年の星稜高校は、エースの奥川恭伸投手をはじめ、

内山壮真選手など素晴らしい選手がそろっていて、優勝を狙えると思います。

今回は甲子園初優勝を目指す星稜高校野球部のメンバーの出身中学や監督の経歴についてまとめました。

スポンサーリンク

星稜高校野球部メンバー2019!出身中学

星稜高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の経歴!

16名が石川県内中学の出身選手です。

石川県以外の出身中学選手の内訳は次の通りです。

東京都  1名

神奈川県 1名

愛知県  1名

スポンサードリンク

注目選手と監督の経歴

星稜高校野球部注目選手!

*注目選手

投手 奥川恭伸(おくかわ・やすのぶ)

星稜高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の経歴!

2019年センバツ高校野球で最も注目したいのは、星稜の奥川恭伸投手です。

恵まれた均整の取れた体格の右腕、最速150キロの速球とスライダー・

チェンジアップ・フォークを使いこなして投球します。

投球術に優れ相手打者の嫌がる投球が持ち味です

北信越大会では異次元の10者連続三振を奪っています。

U18日本代表に2年生で唯一選出された奥川恭伸投手

遊撃手 内山壮真(うちやま・そうま)

均整の取れた体格で稀に見る才能溢れるオールラウンドプレイヤーです。

星稜高校では入学直後の1年春よりベンチ入りし、3番遊撃手として

2018夏の甲子園でも活躍したのはまだ記憶に新しい。

走攻守にレベルの高いプレーヤーで今後の活躍が大いに期待される選手です。

星稜高校野球部監督の経歴!

林 和成(はやし・かずなり)監督

星稜高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の経歴!

1975年7月23日生まれ。

石川県出身

星稜高校‐日本大学

高校1年の夏の甲子園ベスト4

翌2年生の夏甲子園で松井秀樹と三遊間を組んだ。

日本準硬式野球部では主将として五冠達成。

98年より星稜高校のコーチ。

部長を歴任して2011年から監督に。

スポンサードリンク

星稜高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の経歴!まとめ

いかがでしたか?

石川県の強豪校である星稜高校が甲子園で優勝したことがないのは驚きました。

しかし、今年のメンバーは違います。

目には見えない全体の底上げがなされ、

背番号を勝ち取った18人の精鋭なら

十分に優勝を狙えます!

以上で、星稜高校野球部メンバー2019!
出身中学や注目選手と監督の経歴!
まとめを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク