情報

節約今からできる裏ワザ!電気代を今より安くする方法5選!Q&A

こんにちは。

なんとかなるです!

あなたは、毎月の電気代が高いと感じていませんか。

少しでも安い方がいい電気代、これから紹介する方法を実践すれば、

目にみえて安くなるのが実感できますよ。

それでは、ひとつひとつ紹介していきます。

スポンサーリンク

Qアンペアを下げると基本料金が安くなる?

A1段階下げるだけで月200~300円のダウン!

家庭用電気のアンペアは7段階あり、それぞれ基本料金が異なります。

(関西・中国・四国・沖縄地区は基本料金なし)少ないほど安くなります。

必要以上の契約をしている人は検討の余地ありです。

変更は家にブレーカーがついていれば無料。

10分ほどの立ち合い工事でできますよ。

Q電気代って何にどれくらい使っているのか知りたい!

Aコンセントにつなぐだけで使用料と金額がわかるグッズありますよ!

スポンサーリンク

電気製品のコードにつないでコンセントに差し込むと、使っている電気製品の使用電力と金額がひと目でわかるのが「エコワット」。

タクシーのメーターのように、デジタル表示でリアルタイムの使用電気量と金額が変わるので「早く切らなきゃ!」と、

自然と節約モードになれますよ。

Q待機電力も節約できる?

プラグを抜いたりブレーカーを落とせば電気代1割削減も可能!

スイッチを消してもついている明かりは、待機電力を消費している証拠。

家庭の消費電力の1割は待機電力というデータもあり、これを断つだけで約1割の節電に!

プラグを抜くのを習慣にするほか、使わない部屋のブレーカーを落としたり、節電タップを使うのもおすすめ。

Qエアコンの冷暖房費安くする方法はある?

A設定温度のほかフィルター掃除扇風機の併用もおすすめ!

エアコンの設定温度は、1度違うだけで約10%の節電になるといわれています。

設定温度は控えめにして、カーテンや扇風機を併用して効率アップさせましょう。

またエアコンのフィルター掃除するだけで約5%の節電になるため、掃除はこまめにするのも秘訣。

Q蛍光灯と白熱灯どっちがおトク?

蛍光灯のほうが消費電力も寿命の長さも断然おトク!

同時間の電気代を比べると、蛍光灯は白熱灯の約5分の1、寿命は6~8倍と、お得度では蛍光灯の圧勝。

でも、白熱灯のやわらかい明かりは捨てがたい・・・・・という人におすすめなのが、電球型蛍光灯です。

価格は少々お高めですが、白熱灯のの雰囲気と蛍光灯のおトク感両方が楽しめますよ!

まとめ

いかがでした。

少しは参考になりました。

ぜひ、今日から実践してください。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。