甲子園

履正社高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の素顔!

甲子園常連の大阪桐蔭に苦しめられ、甲子園から遠ざかっていた履正社高校ですが、

2019年は久しぶりに甲子園の切符を手に入れました。

主将の野口海音選手をはじめ、エースの清水大成投手、スーパールーキーの小深田大地選手など、

プロも注目する選手がそろっていて、このメンバーであれば甲子園でも十分に優勝を狙えるだけの戦力です。

今回は履正社高校野球部メンバーの出身中学や注目選手と監督の素顔についてまとめました。

スポンサーリンク

履正社高校野球部メンバー2019!出身中学

履正社高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の素顔!
スポンサードリンク

注目選手と監督の素顔!

履正社高校野球部注目選手!

注目選手

野口海音(のぐち・みのん)

主将の野口海音選手は珍しい名前を持つ。

海音と書いて、「みのん」と読みます。ダイバーのインストラクターの父・幸雄さんが名付けました。

活躍の場は海ではありませんでしたが、野球で大きな波を起こしてきた。

中学時代は通算45本塁打を放ち、U‐15代表ではドラフト候補の横浜・及川雅貴投手らとW杯で準優勝。

履正社高校では1年秋から正捕手となりました。

昨夏は悔しさを味わい、精神的にも成長しました。北大阪大会準決勝で9回二死ランナー無しから大阪桐蔭に逆転負け。

マスク越しに悪夢を見た。「あらためて一球の大切さを感じさせられた」。

新チームでは先頭に立ち、練習からスキを排除。今春のセンバツは甲子園初Vへ導く打撃を見せてくれるはずです。

清水大成(しみず・たいせい)

履正社高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の素顔!
スポンサーリンク

名門のエースとしてのプライドがある。履正社の左腕・清水大成投手は強い決意で、初めての聖地に乗り込みます。

旧チームから投手陣の柱として期待されていました。しかし、結果が伴わなかった。

昨夏の北大阪大会準決勝は、大阪桐蔭を相手にリリーフでワンアウトも取れずに降板。

チームは9回二死走者無しから逆転負けを喫した。

新チーム始動後には岡田監督からゲキが飛んだ。「甲子園を知らないまま卒業してしまうぞ」。

その言葉が誰よりも胸に響いたのが、清水大成投手だった。

「夏の悔しさを秋につなげよう」。新チームでは1から再スタートし、実践で結果を残してエースナンバーをつかんだ。

昨秋のの近畿大会準々決勝では、福知山成美(京都)から自己最多12三振を奪って被安打3の公式戦初完封。

センバツ出場に当確ランプを灯した。

小深田大地(こぶかた・だいち)

履正社高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の素顔!5

1年生にして夏の大阪大会では、背番号5でベンチ入りしています。

中学時代は、姫路アイアンズに所属し、NOMOJAPANに選出された超高校級の逸材です。

センバツ直前時点の高校通算本塁打数は24本を誇ります。

*監督の素顔

岡田龍生監督

履正社高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の素顔!4

生年月日:1961年5月18日

出身地:大阪府

東洋大姫路ー日体大、高3で主将。

87年から履正社高校監督に。

・挨拶や礼儀、人間性を大切にをモットーに、

また、小さな子どもが好きだそうです。

スポンサードリンク

履正社高校野球部メンバー2019!出身中学や注目選手と監督の素顔!まとめ

履正社高校は清水投手ー野口捕手のバッテリーを中心として、

旧チームから経験を積んだ選手が多く、投打ともに勢いに乗ると手がつけられなくなる印象です。

冬は明確な課題を持ち、チーム一丸で厳しい練習に取り組んできました。

甲子園では安定した戦いぶりを見せてくれるはずです。

以上で、履正社高校野球部メンバー2019!
出身中学や注目選手と監督の素顔!まとめ
を終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク