人物

細田守監督未来のミライが米アニー賞受賞!受け入れられ驚きと笑顔!

細田守監督未来のミライが米アニー賞受賞!受け入れられ驚きと笑顔!
細田守監督未来のミライが米アニー賞受賞!受け入れられ驚きと笑顔!

どうも、なんとかなるです!

今回の話題は、小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語!

細田守監督『未来のミライ』
が米アニー賞を受賞しました。

細田守監督「受け入れられ驚き」と笑顔を見せました。

細田守監督米アニー賞受賞おめでとうございます。

スポンサーリンク

細田守監督未来のミライとは?

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。

ある日、甘えん坊の“くんちゃん”に、生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。
そんな時、“くんちゃん”はその庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、
不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

“ミライちゃん”に導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つ“くんちゃん”。
それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男。
幼い頃の母との不思議な体験。
父の面影を宿す青年との出会い。

そして、初めて知る「家族の愛」の形。

さまざまな冒険を経て、ささやかな成長を遂げていく“くんちゃん”。
果たして、“くんちゃん”が最後にたどり着いた場所とは?
“ミライちゃん”がやってきた本当の理由とは―

それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

全編、くんちゃんという4歳の子供目線で描かれているのが新鮮でした。

何よりも、子供の成長の描き方が本当によかった!

『子供って知らないうちに……』って言うセリフがありますが

子供は知らない間に大きく成長していくもんだと気づかされました。

子供目線で物語が構成されていて、

何か自分も子供のころはこういう子供だったなと思いました。

ある種の日々日常系の物語だからこそ描ける作品です。

自分との対話であったり、犬や家族との対話であったり、

スポンサーリンク

多くにおいて子供の世界の広さと、大人の視野の狭さを表現したアニメです。

スポンサードリンク

受け入れられ驚きと笑顔を見せた!

細田守監督未来のミライが米アニー賞受賞!受け入れられ驚きと笑顔!

くんちゃんという4歳の男の子が、未来からやって来た妹と共に家族のルーツをめぐる不思議な旅に出る物語。

細田守監督自身の幼い頃をモデルにしたというは、授賞式で「小さい子と過ごすって何て素晴らしいんだ」

と思って映画にしたそうです。

他にも、たくさんのおすすめの記事がありますから読んでみてください!

おもしろ荘夢野まさるは高学歴芸人!ブレイク必至の彼女や元カノは?

野村周平の家族構成父と母や姉!イケメン兄弟の画像や好きなタイプ

長嶋一茂 はイケメンで筋肉が凄い! 天然で発言がイケてる人気は?

新井浩文が女性に乱暴!自宅を捜査された理由は?動機や経緯は?

風邪やインフルエンザ入浴後のすぐ寝る!お酒やコーラ・紅茶はNG?

スポンサードリンク

細田守未来のミライが米アニー賞受賞!受け入れられ驚きと笑顔を見せた!まとめ

いかがでしたか?

未来のミライは「子供目線で作られた映画」ですが、

この映画を鑑賞した大人は違和感を持つかもしれません。

少なくとも、自分は持ちました。

子供の意見も聞いてみたい映画です。

以上で、
細田守未来のミライが米アニー賞受賞!
受け入れられ驚きと笑顔を見せた!
まとめを、終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク