情報

生命保険後悔しない選び方!広告やイメージ名前にだまされるな!

あなたは何を基準に保険を選んでますか?

保険料、補償内容、付き合い。

いま、あなたが入っている(入ろうとしている)保険は本当に良い保険ですか?

実はダメ保険かもしれません。

スポンサーリンク

生命保険後悔しない選び方は?

テレビや新聞・雑誌などのCM(広告)で、「売上ナンバーワンの商品」

などと宣伝していると、さぞかしたくさん売れるほど製品の品質が良くて、評判が良いなだろうと、見ている人は思いがちだ。

ある商品についてよく調べてみると、売上ナンバーワンは「全国的に」なのかと思っていたら違うという。

では関東地方とかの「地域的」ナンバーワンなのかというとそれも違って、

「ウチの製品の中でナンバーワンなのです」

という答えを得た。宣伝の中に「ウチの製品の中で・・・・・」

という言葉をはっきり入れていないと、コマーシャルを見た私たち消費者は、「全国的にナンバーワン」

なのかと錯覚してしまう。

こんな例は街中にごろごろしてますよね。

「どこよりも安い」「業界ナンバーワン」「世界最強の」などと言葉遊びはキリがありません。

本当なのかと思ってしまいます。

言葉遊びだけではない。

スポンサードリンク

生命保険の広告にだまされるな!

スポンサーリンク

会社や商品のイメージアップに有名人や俳優、女優を起用するのは常套手段で、それと商品や製品の品質とは全く無関係なのです。

Aは女優をイメージガールとして宣伝して、Bは何も宣伝していなければ、Aの方が断然売り上げが良くなる事実は否定できない。

得にイメージを大事にする商品は宣伝が強力な後押しをするものです。

お酒や化粧品などは、イメージ次第で売り上げも違ってきます。

生命保険の世界でも、全く同じような事例がたくさんあるようです。

たとえばテレビの宣伝やパンフレットの表紙に女優を起用したり、動物に会社名をしゃべらせたり、

癒し系の俳優に商品名をいわせたり、イメージアップに懸命な会社もあります。

しかし、よく考えてください。

売り上げを高めるために、お酒や化粧品ならイメージアップのために女優や俳優を使うのもまだわかるが、

生命保険という商品は、絶対にイメージで販売する商品ではなく、実質的な数字の中身で勝負する商品でしょう!

パンフレットの表紙に女優がニコッと笑っている保険商品なら安心度が高く、

表紙に石ころが載っているパンフレットの保険は信頼性がないか、というと全く違うのです。

みしろ宣伝費を節約した石ころが表紙に載っている保険の方が堅実な会社や商品でしょう。

高い宣伝費を使って女優を起用している会社は、保険の中身より単にイメージだけに空っぽ商品を売っているはずです。

わたしなら女優より石ころの方を選ぶし、さらにあまり宣伝しない会社の商品の方が、信頼性という点で好ましいと思う。

スポンサードリンク

まとめ

重ねてわたしがあなたに対して一番注意をよびかけたいことは、似たような紛らわしい保険です。

うっかり間違って加入してしまうと、金銀財宝の詰まった箱を手に入れたと思ったら、実は浦島太郎の玉手箱で、

出てきたのは煙だけという保険がある。

金銀財宝の方は

「積立利率変動型終身保険」といい、

玉手箱の方は

「利率変動型積立終身保険」という

神経を研ぎ澄ませよーく注意しないと名前だけだとプロでも間違えやすい保険です。

名前を見比べて見てください。

前者と後者の名前に使っている文字は全く一緒です。

よく見れば文字の配列だけが違うことがわかりますよね。

前者はおすすめできる良い保険。

後者は絶対に近づいてほしくないダメ保険です。

広告や名前にごまかされてはいけませんよ!

スポンサーリンク