人物

カルロスゴーン変装の帽子や作業服はどこの会社の?ハウスメーカー?

カルロスゴーン変装の帽子や作業服はどこの会社の?ハウスメーカー?

10億円の保釈保証金を納付し、3月6日午後4時30分すぎ、107日ぶりに姿を見せたカルロス・ゴーン被告

作業服にマスク姿。

その際、カルロスゴーン被告は作業服に身を包み変装して東京拘置所から出てきました。

その変装がネット上でかなり話題になっています。

スポンサーリンク

カルロスゴーン変装の帽子や作業服はどこの会社の?

大勢の取り巻きに囲まれ出てきたときは一瞬どれがカルロスゴーン被告か分かりませんでした。

しかしよ~く目を凝らして見ると鋭い眼光やメガネからひと目でカルロスゴーン被告だということが分かりました。

そこで気になったのが帽子のNのロゴマークです。

このNはどこの会社のロゴマークなのでしょうか?

日産のNなのか、それとも・・・

出てきてすぐに目についたのが作業服の左胸の「(株)○○○○ハウジング」はよめるのですが、

肝心な社名が読めません。

カルロスゴーン変装の作業服はどこの会社の?ハウスメーカー?

カルロスゴーン変装の帽子や作業服はどこの会社の?ハウスメーカー?
スポンサーリンク

そこで調べました。

カルロスゴーン被告が着用した作業服を提供したのは、

埼玉県内の建築会社代表取締役を務める60代男性らしいのです。

作業服は、弁護団の高野隆弁護士から頼まれ、男性が上下5800円で購入したものを貸したそうです。

作業服は男性が現在使用しているものだったそうです。

ポリエステル製で、国内最大手の作業服専門店「ワークマン」製だそうです。

男性が現在使用する3着中の1着で、

上下で計5800円。5~6年前に作業員が使うことも考慮し、

当時50~60着分買いだめしたものだったそうです。

帽子は業務委託契約を結ぶ「日本電装」から配布されたもの。

作業服や帽子を急いで自宅にあった紙袋に詰めたそうです。

「日産のNマークでは」などという声もあがったが、違う。

この帽子は、埼玉県川口市で鉄道車輌の製造や組立、

整備などを行う「日本電装株式会社」のものだった。

BuzzFeed Newsの取材に応じた同社の担当者によると、

カルロスゴーン被告が被っていたものは、3年ほど前まで使われていた作業服の布帽子だという。

「今はヘルメット着用に変わったため、使われていません。

なぜいまになって、ゴーン被告が被っていたのか、まったくわからない」

ところで、カルロスゴーン被告と日本電装の接点はまったくなく、

日本電装も困惑しています。

カルロスゴーン変装の帽子や作業服はどこの会社の?ハウスメーカー?まとめ

いかがでしたか?

カルロスゴーン被告はなぜ変装したのでしょうか?

理解に苦しみます。

普通にスーツ姿で出てきてほしかったです。

腐っても元日産自動車の社長ですからね。

おふざけがひどすぎます。

それと、記者会見がいつ行われるのかも非常にきになるところです。

分かり次第追記します。

以上で、カルロスゴーン変装の帽子や作業服はどこの会社の?
ハウスメーカー?まとめを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク