フライトドクター

フライトドクターになりたい!難易度は高い? 収入や仕事内容

フライトドクターになりたい!難易度は高い? 収入や仕事内容

 

フライトドクターになりたい!難易度は高い? 収入や仕事内容

どうも、なんとかなるです!

「なんとかなるイイよ」に

お越しいただきありがとうございます。

あなたは、フライトドクターを知っていますか?

僕は知りませんでした。

フライトドクターは名前の通り、ヘリコプターなどに乗り込み傷病者の下へ行く医師だそうです。

1分1秒を争う緊急事態において、ドクターヘリに搭乗し空を飛んで患者さんのもとへ駆けつける医師がいます。

それが、フライトドクターです。

今回の記事はフライトドクターについてまとめました。

スポンサーリンク

フライトドクターになりたい!

フライトドクターとはヘリコプターに同乗して現場に向かい、
現場から病院まで機内で治療や処置を行う医師です。

ドクターヘリの要請がない限り、普通に医師の仕事(救命救急)をしています。

緊急を要する災害や事故が起こった際に、ドクターへリで直行し医療行為にあたります。

ドクターヘリに乗り込む人は、フライトドクター・フライトナース・ヘリの操縦士の基本3名で構成されています。

一刻を争う救急医療の現場へ直行。ヘリの出動時には、どのような医療器具が必要かを考えて持って行く暇はありません。
そのため、必要な医療器具を詰めたバッグがあらかじめヘリに積まれています。
ドクターバッグ、外傷バッグ、小児バッグの3種類があり、それぞれ役割が異なるそうです。

難易度は高い?

 

フライトドクターになりたい!難易度は高い? 収入や仕事内容

フライトドクターになるためには、まず医学部医学科を卒業して医師国家試験に合格した医師であることが条件。
さらに数年は臨床医として働かないと、応募さえ無理でしょう。それは医師自身が一番よくわかっていることです。

ちなみに難易度ですが・・医学部医学科の総定員は国公立・私立大学を含めて8000人もありません。国公立に至っては5700人程度です。東大理系に合格する学力は最低限必要です。

やはり大学卒業後にいろいろな職業や職種を選択できる可能性のある他学部卒に比べて、
医学部卒の場合は、国家試験に合格しなければ医師にはなれませんから、相当な覚悟が必要です。

収入や仕事内容

フライトドクターになりたい!難易度は高い? 収入や仕事内容2
スポンサーリンク

フライトドクター自身も身の危険が付きまとうヘリコプターに乗って、
現場では即座に判断して治療や処置を行うフライトドクターはいったいどれくらいの収入を稼いでいるのでしょうか?

フライトドクターの給与も、基本的には各病院で定められた医師の給料形態と同じになっています。

年収(例):

免許取得後6年目例 約1,140万円

免許取得後7年目例 約1,230万円

(上記に当直料,時間外手当などは含んでいません)

引用:公立豊岡病院 但馬救命救急センター

フライトドクターの仕事内容は

フライトドクターは救急医であることには変わりありませんので、
仕事としては急病、外傷、中毒などに対し、速やかに初期診療を行い、
適切な診療科の医師にバトンタッチすることが仕事です。

フライトドクターと他の救急医と異なる点は、
ヘリコプターに乗って災害現場に行くことと、
事故現場で治療や処置をすることの2点です。

通常、出動命令が出ていないフライトドクターは、病院内で他の救急医と一緒に救急患者の治療にあたっています。

出動要請がかかると、病院業務の手を止めてヘリコプターに搭乗します。

そのため、病院の救命救急センターの中で、フライトドクターだけがフライトスーツを着ながら仕事をしています。

他にも、たくさんのおすすめの記事がありますから読んでみてください!

神宮外苑花火大会 2018日程や開場時間アーティストと交通規制情報!

吉田輝星は甲子園NO.1投手!ドラフト候補の動画やスカウトの評価は?

夏の甲子園 観戦の暑さ対策と熱中症!絶対おすすめの持ち物6選!

甲子園代表2018!夏の代表校56チーム戦力データー分析大阪桐蔭!

夏の甲子園2018の優勝候補を予想?連覇か逆襲・それとも初優勝か?

フライトドクターになりたい!難易度は高い? 収入や仕事内容まとめ

いかがでしたか?

1分1秒を争う医療の現場では、瞬時に判断して患者さんの治療を行うことが大切だと言われています。
フライトドクターは、緊急をようする医療現場で患者さんの治療ができる素晴らしい仕事です。

フライトドクターになるための覚悟、なってからの覚悟は相当の覚悟が必要です。

これで、フライトドクターになりたい!難易度は高い? 収入や仕事内容を終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。