季節に関する雑学

危険な暑さとは何度から? 温暖化が原因なのか?基準や対策あるの?

危険な暑さとは何度から? 温暖化が原因なのか?基準や対策あるの?

毎日毎日、体温を超える暑さが続いています。

今年の暑さは、もはや「災害レベル」や「危険すぎるレベル」です。

何しても、無理をせず熱中症には気を付けてください。

そこで今回はあなたが疑問に思ってある危険な暑さとは何度から?

温暖化が原因なのか?基準や対策あるの?についてまとめました。

スポンサーリンク

危険な暑さとは何度から?

危険な暑さとは何度から? 温暖化が原因なのか?基準や対策あるの?

(公財)日本体育協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」(2013)より

暑さ指数(WBGT)とは

「熱中症指数」とも言われています。

一言でいうと、人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、

人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。

①湿度

②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境

③気温

3つを取り入れた指標です。

スポンサードリンク

温暖化が原因なのか?

地球が温暖化している」のではなく、「地球の気温は変わっていないけれど、日本だけが猛暑」という状態なのです。

頭を切り替えなければなりません。地球温暖化で猛暑がきているのでしたら、日本だけが暑いなどということはないからです。

1. 最近、17年間「世界の平均気温」は上がっていないこと(気象庁のデータですが、メディアは具合が悪いので報道していません)。

2. 世界で日本だけが暑いこと

スポンサードリンク

基準や対策あるの?

危険な暑さ(熱中症)予防対策

・「水分」をこまめに取りましょう

のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。
スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、
汗で失われた塩分の補給にもつながりますからおすすめです。

・「塩分」をほどよく取りましょう

毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。
大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。

・「睡眠環境」を快適に保ちましょう

スポンサーリンク

通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、
寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防できます。

・「丈夫な身体」を作りましょう

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。
体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

毎日毎日続く危険な暑さの温度は、25℃以上。

危険な暑さの原因は地球の温暖化が原因ではない。

日本だけが猛暑という状況。

熱中症の発生には、体調が大きく影響する。

これで、危険な暑さとは何度から? 温暖化が原因なのか?基準や対策あるのを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク