CM

コカコーラはペプシコーラよりもおいしい!その本当のワケや違いは何?

こんにちは。

なんとかなるです!

あなたはコカコーラとペプシコーラどっちが好きですか?

私はコカコーラが好きです。

理由は子どもの頃から飲んでいるからです。

今回はコーラについてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「コカコーラはペプシコーラよりもおいしい」!

言い切る人は、本当に違いがわかっているのかな?

コカコーラは発売当初からCMに力を入れ、あの流れるようなコカコーラの文字のロゴマークも最初のころから使われていました。

マーケティングの先駆者と言えるでしょう。その後 様々なコカコーラのストーリーが企業や消費者によって作られ、

コカコーラを愛する人々、グッズのコレクターなどが生まれました。

さて、後発のペプシコーラも、黙って見ているわけにわいきませんでした。

1970年代に作成された比較広告はみごとでした。

目隠しした人が紙コップに入れた2つのコーラを飲む。

どちらがおいしいかと質問され、「こっち!」と選び、目隠しをとってみるとペプシコーラで、

当人もビックリというコマーシャルです。

コカコーラがおいしいというのはあなたの思い込みですというメッセージは、強烈に消費者に届き、ペプシコーラの売り上げは急増しました。

スポンサーリンク

目隠しをして一口飲んだだけで味の違いがわかる人など、ほとんどいにでしょう。

実はこれにはトリックがありペプシコーラをいつも右側に置き、最初に飲ませていました。

公平に行っていればおそらく選ばれるの半々でしょう。

背景に「ストーリー」のある商品を私たちは欲しがります!

あなたが欲しい商品とはなんでしょうか?

必要なもの、品質が良いもの、安いものでしょうか?

いいえ。そういったものも含めて総合的に見て魅力的な商品です。

商品を魅力的にする手法がマーケティングです。

魅力的な商品は、それぞれ、「ストーリー」を持っています。

ストーリーですから、多少の脚色があり、嘘もあるでしょう。

詐欺では困りますが、実は消費者も「ストーリー」を求めているのかもしれません。

ペプシコーラの比較広告の例でもお話しましたが、、私たちは普段目隠しをしてジュースを飲んだりしません。

むしろ好んで商品にまつわる「ストーリー」を知ろうとします。

すばらしい「ストーリー」があるほど、私たちは、商品お手にしたとき、大きな喜びを感じるのです。

まとめ

コカコーラのストーリー

「レシピを知っている幹部は数名だけなので、決して同じ飛行機に乗らない」

「あのくびれた曲線的なビンは、女性のボディーラインからデザインされた」

「サンタクロースの赤い服も、コカコーラのコマーシャルから生まれた」

などの確証のないストーリーがありあす!

スポンサーリンク