健康法

便秘の原因は疲れ・ストレス・腸に潤いがない・腸が冷えて動きが悪い!

「あぁもう何日も出ていない、おなかが張ってつらい・・・。

便秘の悩みは深刻ですよね。

いろいろ調べた結果。原因は主に以下のようなものでした。

・毎日の疲れやストレスがたまって、自律神経が乱れている。

・ふんばる力が弱く、排便するまで思いっきり力めない。

・腸に潤いがなく、カラカラに乾いている。

・体の中が冷えて、腸の動きが鈍くなっている。

これらが重なると、慢性的な便秘につながってしまうのです。

そこで今回は私が試して便秘を解消した漢方について紹介します。

スポンサーリンク

漢方で「便秘体質」を改善して根本から解消

便秘の原因は疲れ・ストレス・腸に潤いがない・腸が冷えて動きが悪い!

「未病」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

症状がはっきり出る前の、”なんとなく不調”な状態のことですが、この未病こそが漢方の得意分野なのです。

西洋医学では、表に出てきた症状をピンポイントで治療する「対症療法型」。

対して漢方は、体全体を見て体質を改善するのが特長です。

薬を使った場合、その薬をやめたらまた便秘になる危険があります。

でも、体質そのものを変えることができれば、もう心配はいりません。

体質改善こそが、本当に「便秘解消」ということなのです。

便秘を漢方の基本の考え方

スポンサーリンク

「気・血・温」に当てはめると・・・

①毎日の疲れ・ストレス、力めない・・・「気虚」「気滞」

「気」はエネルギーのこと。体を動かすのに必要な力が足りていません。

②腸の潤い不足・・・「血虚」

「血」はめぐり。めぐりが悪いせいで腸の水分がなくなり、かわいています。

③腸の冷え・・・「寒邪」

「温」が足りず、体の中が冷えて腸の動きが悪い状態。冷え性とは別物です。

漢方の3つの作用でそれぞれの原因に働きかける

私もそうでしたが、今まで何をやっても効果がなかった、(青汁、ヨーグルト、市販の便秘薬)など、

一時的に出るようになってもまた元通り・・・。

そんな悩みを抱える方は、それぞれの原因に合った作用を持つ漢方で、スッキリ体質を目指しましょう。

疲れ・ストレス、力が弱い

補気作用

「病は気から」とよく言いますが、まさに「気」を補うと、

エネルギーが充たされ、排便するまで力むことができます。

腸に潤いがなくカラカラ

「血」を補うことで、めぐりが良くなり、

腸まで水分が行き届くように。

腸が潤って、スムーズな排便を促します。

腸が冷えて動きが悪い

腸は寒さに弱いもの。

便を運べなくなっている腸に「温」を補い、

動きを回復させて、排便を後押ししましょう。

便秘の原因は疲れ・ストレス・腸に潤いがない・腸が冷えて動きが悪い!まとめ

いかがでしたか?

便秘解消には日頃から適度な運動。

ストレスをためない

主食はお米が一番です。

以上で、便秘の原因は疲れ・ストレス・
腸に潤いがない・腸が冷えて動きが悪い!
まとめを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク