病気

夏バテ の症状や原因について!ならないための予防・対策と治療は?

夏バテ の症状や原因について!ならないための予防・対策と治療は?
夏バテ の症状や原因について!ならないための予防・対策と治療は?

どうも、なんとかなるです!

「なんとかなるイイよ」に

お越しいただきありがとうございます。

今回の記事は夏バテです。

今年の夏は酷暑です。

連日、東日本、西日本で猛烈な暑さが続いています。

本当に体が溶けそうです。

熱中症で病院へ救急搬送される方も非常に多くなっています。

そこで、夏バテの症状や原因。

ならないための予防や対策。

治療をまとめました。

スポンサーリンク

夏バテ の症状や原因について!

夏バテの症状は

夏バテ の症状や原因について!ならないための予防・対策と治療は?

・めまい
・吐き気
・便通が悪い
・猛烈な脱力感
・食欲不振
・集中できない
・熟睡できない

等です。

夏バテの原因

室内と室外の温度差が大きいと夏バテになります。
温度差がありすぎると体の代謝がうまくいかなくなります。
ただし、熱中症には気をつけてきださい。

それと日本の地形や気候風土にも原因があるようです。
山が多く、湿気がこもりやすいなど。

暑いからといって冷たいものの摂りすぎによる胃腸虚弱。

ならないための予防・対策と治療は?

夏バテ の症状や原因について!ならないための予防・対策と治療は?

夏バテの一番の対策としては、まずは生活習慣を見直すことが大切です。
食生活・睡眠・水分補給を見直してみてください。

夏は代謝が激しく発汗とともにエネルギーを過度に消費します。
水分の多量補給は出来るだけ避けたいですね。

スポンサーリンク

水分補給は少量ずつ、冷えすぎに注意しましょう。

なぜならなら水分だけで腹が満たされ(水分のカロリーはせいぜい、200kcal)です。
本来、取るべきカロリーを大幅に下回り、体がバテてしまいます。

水分を制御する事ですいたお腹に食べ物を入れる。
そうする事でバテにくくなります(水分量を少しずつ減らしつつ)。

暑いときは涼を求めて、ついつい冷たいものばかりを食べたくなります。
以前は私も夏バテで悩まされていましたが、それではからだを冷やし、胃腸のはたらきを弱めてしまうんです。

できれば野菜たっぷりのスープや味噌汁などを1品、食事の最初に食べるようにしましょう。
温かいお茶を飲むだけでもだいぶ違ってきますよ。

しょうがやニラ、ねぎ、にんにく、ごま、みそなどは、からだを温める食材。
ごうやにオクラもおすすめです。

それに紫蘇ジュース、
1日1個の卵、
肉ならしょうが焼きやガーリックソテーに、

あるいはねぎソースなどの香味野菜をたっぷり使った料理にするのも、手軽にとれておすすめです!

夏バテの治療は、

内科を受診して点滴をしてもらいましょう。

冷たいものを過度に摂りすぎない。

弱っているときこそ無理をしないことです!

他にも、たくさんのおすすめの記事がありますから読んでみてください!

台風12号2018 の進路予想は!31日の午前7時頃本州直撃が確実に!

夏の甲子園2018プロ注目選手!左の強打者・折尾愛真・野元涼!

久留米水の祭典まつり2018(筑後川花火大会)!日程や時間は?屋台や交通規制情報!

夏バテ の症状や原因について!ならないための予防・対策と治療は?まとめ

いかがでしたか?

今年の夏は酷暑。

暑すぎますね。

夏バテになったら無理をしないことです!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。