情報

運転初心者必見!走行前にやるべきことシートベルト暖機運転!

念願の運転免許を取得したら、いよいよ一般道路で運転です。

実際に運転するとなると緊張してパニックってしまうかもしれません。

今回は、運転初心者必見!走行前にやるべきことシートベルト暖機運転!

についてまとめました。お見逃しなく!

スポンサーリンク

運転初心者走行前にやるべきことシートベルト

クルマに乗り、走り出すまでの運転操作を考えてみましょう。

ほとんどのドライバーがエンジンをかけるのが先で、(わたしもそうです)

シートベルトはあとから。走り出す前の間、むだにエンジンがかかっているので、

これでは排気ガスは出るし燃料も消費します。

それだけではない。ドライバーがシートベルトをしていないのにエンジンがかかっているという、

安全上の問題も大きい。つまり、エコロジー(環境保護)、エコノミー(経済的)、セーフティー(安全性)という安全運転で大切な3つの要素のどれも満たしていないことになる。

スポンサードリンク

降りるときはエンジンを止めてからシートベルトを外す

クルマから降りるときも、シートベルトをを早々に外して、あとからエンジンを止めるドライバーがとにかく多い。

クルマを止めたらすぐにエンジンを切り、それからシートベルトを外すのが、環境にやさしく、燃料をむだにせず、

安全も確保できる方法です。これはクルマが止まっているときに行う操作だから、あなたにもできるはず。

スポンサードリンク

走行前にやるべきこと暖機運転

スポンサーリンク

「寒い日は止まったまま暖機運転をして、エンジンを少し暖めてから走り出すようがよい」、

こう考えるのはひと昔前の運転方法です。現在は少々違う。

エンジンがコンピューター制御になり、燃料噴射や点火時期など、そのときの温度に合った制御をしてくれる。

だから、止まったまま暖機運転をする必要はないのです。

エンジンがいちばん長持ちするのは最適運転温度のときです。

止まったまま暖機運転をしていると暖まるのが遅いし、少し負担がかかる走行中のほうが最適運転温度になるのが早い。

エンジンを長持ちさせたければ、始動したらすぐに発進するほうがよいのである。

もちろん、エンジンが最適運転温度になるまでは、アクセルペダルを目一杯踏み込んだり、

タコメーターの針がレッドゾーンに飛び込むほど高回転にしたりするのはよくないが、

通常走行するぶんにはまったく問題ない。

また、エンジンが冷えているときに高速道路を走っても大丈夫。

昔と違って市街地走行より高速道路を走るほうがエンジンにとって負担が軽いからです。

スポンサードリンク

まとめ

コツさえわかれば

がんばらなくても

上手くなる!

スポンサーリンク