生活の知恵

謝罪・言い訳の上手な仕方これでピンチを乗り切る!勧誘・事故

私たちの生活は、日々アクシデントの連続です。

しかもリハーサルなしの一発本番。

こんなとき、ダメージを最小限に抑えるには、とっさの第一声が肝心です。

上手な謝罪、スマートな言い訳は、あなたのピンチを救います。

スポンサーリンク

新聞の勧誘が来た!

玄関のベルが鳴って、誰かと思えば、新聞の勧誘だった。

ちょっとだけ話聞いてよっていうから、ま、いいかと開けたんだけど、

やっぱり話が終わらない。さっきからとる気ないって言ってるんだけど・・・・・、まいったな。

これならOK

新聞屋「お願いします。ご主人とってください。3ヵ月だけでいいから」

わたし「というか新聞読まないから」

新聞屋「またあ。今ほかの新聞とってるんでしょう。

それにご主人、仕事してて読まないわけにいかないでしょう?」

わたし「ほんと、悪いけど読まないんですよ。

インターネットって知ってますよね。

今やニュースはさ、それで十分なんですよ。

おたくも今のうち、商売変えたほうがいいかもよ」

新聞屋「・・・・・サービスしますよ、ビール券とか」

ご主人「読まないから。じゃ(バタン)

●ワンポイントアドバイス

あの手この手で粘ろうとする相手には「読まない」と一言、

スポンサーリンク

根本からコミュニケーションの元を断ってしまうのが一番。

さらに、新しい武器「インターネット」で理由もバッチリ、反撃にでよう。

パーキングで隣の車をこすってしまった!

さすがに土曜日だけあって、パーキングはキチキチに入ってる。

ショッピングを終えて、さあ出るかと思った瞬間、「ガリッ」 やば!

隣の車をこすってしまった。隣の車の人は、すぐに気づいてすごい顔でにらんでる!

これならOK

(両者とも車から降りて)

わたし「すみません。こすれちゃいました?」

相手「何やってんだよ!けっこうへこんでるぞ。

どうするんだよ、これ?」

わたし「ちょっと見せてください。ああ、ほんとですね。すみません、

きちんと対応させていただきますので、連絡先を交換させてください。

わたしは○○と申しますが」

相手「ああ、私は○○だ。でも、そっちが悪いんだし、ちゃんと修理代は出してもらわないと困るからね」

わたし「ええ、でも立ち話もなんですから、のちほど改めておわびにおうかがいしてもいいですか?

それで修理代の見積もりなども詰めさせていただければ」

●ワンポイントアドバイス

冷静さを失わず、穏やかに謝罪をしてまず相手の怒りを静めることが先決。

その上で、誠実に対応することをきちんと伝えれば相手も安心する。

相手を見極めることも大事。金銭がからむ部分については、誠実にしかしあくまでも慎重に!

まとめ

上手な謝罪、スマートな言い訳は、あなたのピンチを救います。

それだけでなく周りの人々も、その場がうまく収まることを望んでいます。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。