年中行事

2019幼稚園の夏休みいつから始まるの?平均の期間や保育料は?

2019幼稚園の夏休みいつから始まるの?平均の期間や保育料は?

いよいよ夏休みの時期になってきましたね。

この時期は小学校や中学校は夏休みだけど、幼稚園にも、夏休みという長期休暇が設けられています。

そこで今回は、幼稚園の夏休みの期間について紹介していきます。

また、夏休み中の月謝は払うのか、夏休み中に預ける場合の費用はどのくらいか、

先生は夏休み中どんなことをしているのか、紹介します。

スポンサーリンク

2019幼稚園の夏休みの期間

2019幼稚園の夏休みいつから始まるの?平均の期間や保育料は?2019幼稚園の夏休みいつから始まるの?平均の期間や保育料は?
幼稚園は文科省の管轄なので、小学校や中学校と同じように夏休み、冬休み、春休みがあります。

夏休みの期間は・・・

7月18日前後から8月31日まで

の約1か月半ぐらいになります。

小・中学校でも実施している夏休み中のプールをはじめ

幼稚園の場合はこの期間の間に夏期保育と言って、3日間ほど登園する日があります。

また、お泊り保育という、2日間の宿泊があります。

基本的に全員参加で、幼稚園に泊まる場合とバスで高速を使って遠くの施設に行く2つのパターンがあります。

なかには、夏休み中も通常保育を行っているという園もありますが、そういった幼稚園はごく少数です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

夏休み中の保育料

2019幼稚園の夏休みいつから始まるの?平均の期間や保育料は?

 

ほとんどの幼稚園が夏休み中でも8月の保育料を支払います。

幼稚園では、年間にかかる費用を12ヶ月で割っている計算しているため、一年分を2回で分割して払う幼稚園では、8月分もその中に含まれています。

また、7月に引き落として払っている場合は、7月だけ2か月分の保育料が引き落とされると思います。

中には8月の支払いがない幼稚園がありますが、他の月を少し高くして8月分にしている幼稚園になります。

スポンサードリンク

夏休み中でも預けられるの?

2019幼稚園の夏休みいつから始まるの?平均の期間や保育料は?

幼稚園は、「預かり保育」と言って夏休み中でも、お子さんを預かってくれます。

しかし、預かり保育をしてもらうには・・・

通常月謝+夏休み中のお預かり保育料
がかかってしまいます。

ただし、利用するには、7・8月分の保育料にプラスして、預かり保育料金が必要です。

金額をはじめ、実施している期間や時間は園によって様々です。

また、夏休み中は給食が出ないので、お弁当の準備を忘れないようにしたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

幼稚園の夏休みの期間は、7月18日~8月31日の約1か月半になります。

仕事があるお母さんは、お子さんを幼稚園に預ける場合は、高くなってしまいます。

なので、知人の家やおじいちゃん、おばあちゃんの家に預かってもらうのがおすすめになります。

スポンサーリンク