なんとかなるイイよ!

毎日の生活の中で気になる疑問を解決します!

宮崎県 県民性

宮崎県の県民性!「日向の国」の食事情と太陽熱利用が多いワケ?

投稿日:

県民性・宮崎県

宮崎県で思い浮かぶのは一年中あったかい。

 

自然がいっぱい。

おいしいものがたくさんある。

日本一物価が安い。

通勤・通学時間が一番短い。

宮崎県民の印象は親戚がありますが、おおらか、のんき、ゆっくり、あたたかい

など思いつくことを並べました。

今回は宮崎県の県民性について紹介します。

スポンサーリンク

陽光の恩恵にあずかり太陽熱温水器の普及率トップ

宮崎県は「太陽熱温水器」メッカ。普及率は44.1パーセント、所有数も1000世帯当たり447基と、
いずれもずば抜けた数字で全国トップを誇っている。

少し前の世代ならピンとくるでしょうが、宮崎はかつて国内で一番人気を集めた新婚旅行先でした。
南北に長く伸びる日南海岸のエメラルドに輝く海岸線やパームツリーは、海外には手が届かない若いカップルの憧れの存在でした。

今でこそすっかり自然のたたずまいを残す素朴な景勝地に落ち着いたが、それでも南国らしく降り注ぐ明るい陽光は健在。
数字的に見ても、宮崎の年間日照時間は全国でベスト3にランクインしている。

スポンサーリンク

この”温暖な気候”というのは宮崎県最大の強みです。たとえばプロ野球やJリーグのチームの多くは例年キャンプを行っており、
それによる経済効果もかなりのもの。「日向夏みかん」や「ズッキーニ」なども温暖な気候だからこその特産品だ。

古くは「日向の国」と呼ばれた太陽の国。宮崎はまさに太陽の恵みで今も潤っています。

日向の国の食事情と「ポリ袋」「ラップ」の消費額が日本一

個性派揃いの九州で唯一のんびり屋なのが宮崎県民。おおらかでマイペースな人が多いといわれるが、
女性は割合しっかり者が多いとの評判もある。

完全失業率も低く比較的男女共働きの傾向にある宮崎だが、女性が家事に割く時間はけっして少なくない。
それだけ宮崎の女性はタフで働き者というわけだが、やはりそこは手抜きも必要らしく、
宮崎市は「弁当」の購入額が全国で6位さらに残り物を保存するための「ポリ袋」と「ラップ」の消費額が日本一である。

見た目はいまひとつだが、味のよい特産品「日向かぼちゃ」にたとえられる宮崎女性。行動力はあるが、
細かいことにこだわらない大らかさは意外と男性に歓迎されるようだ。

焼酎好きの「いもがらぼくと」

宮崎では「いもがらぼくと」(イモの茎で作った木刀)というように男性は頼りないタイプが多いが、
そんな彼らも「焼酎」は大好きらしく消費量、額は全国で2位だ。酔えば豹変するわけでもないだろうが、
多少凄みを増したほうが女性にはこのまれるかもしれません。

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-宮崎県, 県民性
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。