サラリーマン

サラリーマンがやりがちな間違った「体の休め方」帰宅後・寝る前・休日!

サラリーマンの休日
サラリーマンの休日

毎日の仕事お疲れ様です。

サラリーマンはカラダが資本!しっかり休息してリフレッシュするのも、
仕事のうちです。すかし実際は”休みベタ”な人も多いのが現実。

あなたの休み方、間違ってませんか。ここを変えてみたら?

 

スポンサーリンク

「体の休め方帰宅後」

家に着いたらすぐにソファーに座り、テレビをつける。

のんびりとリラックスのつもりが自律神経に悪い
家に着いたらスーツも脱がずにソファーにどっかり。習慣になっている人も多いでしょう。

この行動には自律神経を乱してしまう行為が目白押し。疲れて家に帰ってきて、
まずホッと一息つきたいところだけど、着がえをすませてから短時間にとどめましょう。

スーツのままくつろぐとスーツがシワになり、翌日、別のスーツを用意しなければならず、
ストレスに、気持ちも体も落ち着かない。

ソファーにどっかり座り込む
ソファーは居心地がいいので、つい何時間も座り続けたり、
そのまま寝てしまうこともあります。
血流が悪くなる原因に

なんとなくテレビを見続けてしまう
少しのつもりでも、つい見続けて、あっという間に2時間、3時間は経過。
「もうこんな時間か・・・」が心に悪い

「体の休め方眠る前

熱い風呂に入るのは血流が悪くなるうえに脳梗塞を起こす危険も!

熱いお風呂は血流が良くなり、疲れが取れるような気がするが、これは間違い。
実験によると42度の熱い湯に浸かると、体の中の深部体温が一気に上がり、血液がドロドロになってしまう。
血流が悪くなり、疲れも取れにくくなる。

やはりぬるめのお湯にゆっくり入るのがおすすめです。

寝る直前まで飲酒
お酒を飲んで眠っても体は休むことができない

スポンサーリンク

寝る直前に食べたり飲んだりすると消化に時間がかかるため、自律神経のバランスが崩れ、眠りが浅くなることに。
また、ものを噛んだり飲み込むという行為も、交感神経を優位に。リラックスすることができず、眠りが浅くなる。

ついつい飲みすぎて、翌朝体がだるいこともよくあります。
アルコールの力で眠くなって、ソファーでウトウトも、その日の快眠を邪魔する要因になります。

布団の中でスマホを見続けと寝つきが悪くなる。
暗い中でスマホが放つバックライトの強い光は、脳を刺激する。
パソコンやテレビも同様なので、寝る前は控えましょう。

「体の休め方休日

平日の疲れをとるため寝だめをするのは生活リズムが狂って体に悪い。
自律神経を整えるのに大事なのは、休みの日でも生活リズムをきちんと守ること。

寝不足が続いているからと週末に寝だめをしては、生活リズムが崩れて自律神経が乱れ、
疲れがとれない。休みの日お、なるべくいつもと同じ時間に寝て、起きることを心がけましょう。

パジャマのまま夕方に・・・
怠惰に過ごしたことにストレスを感じていませんか?

わたしも何度も経験あります。家から出ず、ヒゲも剃らずダラダラと過ごしてしまうと、
「何もやらなかった」「せっかくの休日の時間をムダに過ごした」と考えてしまい、

後悔の念さいなまれる。翌日の仕事に対しても、強いストレスを感じてしまう。

「体の休め方日中

疲れを感じているからと、ラクをしていては逆効果

疲れた体を少しでも休ませようと、駅などでついついエスカレーターを使うのは悪い習慣。
筋力は衰え、血流は悪くなる。駅でも会社でも階段を使って、積極的に体を動かすことで血流が良くなり、
自律神経が整い、結果的に疲れが取れる。

こんな動きが体にいい!

雨の日は部屋の片づけを

片付いていく様子を見て気持ちもスッキリする。
部屋が片付いていていると、平日も仕事に使う物を探すとき、
すぐ見つかるのでストレスが減る。

映画や図書館に出かけよう

感動的な映画でワンワン泣くと、交感神経の働きが高まり、
そのリバウンドで副交感神経の働きも高まる。図書館など、平日と違った行動をとろう

山登りが最適な休息

木々や風の香り、緑を見ることは、副交感神経の働きを高めてくれる。
山登りは運動にもなり、自律神経を整えるために最適

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。